グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  よくあるご質問 >  その他

その他


Q.検便で要精密検査になりました(便潜血陽性)。がんの心配はどれくらいでしょうか?

検便の検査は大腸の腺腫やがんは出血するため、便に血が混じっているかを調べる検査であり、毎年検診をうけることで大腸がんの死亡率が下がることが知られています。ほとんどの企業、自治体の検診に組み込まれ、自己負担なし、または、わずかな負担で気軽にできる検査です。要精密検査になった場合、大腸内視鏡検査を受けることになりますし、悪いものがあるかもしれないと、みなさんとても心配になると思います。では、がんの確率はどれくらいあるのでしょうか。

実は、便潜血陽性の方の中で、80%の方で「異常なし」と診断されます。20%で大腸ポリープが見つかり、大腸がんが見つかる方は2~3%と報告されています。要精密検査であっても、焦らず大腸内視鏡検査を受けてください。

1点注意があります。進行大腸がんでも10~20%が検便の検査で陰性、早期大腸がんにいたっては約50%が陰性になるというデータがあります。大腸がんでも、毎回出血するわけではないので、2回のうち1回でも陽性なら検査が必要ですし、陰性でも大腸がんの可能性が0ではありませんので、便秘や下痢、お尻から血が出るなどの症状がある場合には病院を受診し、大腸内視鏡検査の必要性など含めて相談ください。
 

Q.肝臓がんや膵臓がんが心配です。どうしたら良いでしょうか?

肝臓、胆嚢、膵臓のがんは罹患率に対する死亡率も高く、特に膵臓がんは近年男女ともに増加傾向です。
腹部超音波検査や血液検査で最低限の検査が可能です。しかしながら、その診断は難しく、特に早期発見のためには造影剤を使用した腹部CT検査やMRI検査が必要です。
気を付けていただきたいのは、検査を受けるのはどの病院でも良いわけではありません。
造影剤を入れた後、撮影するタイミングのわずかなズレが膵臓がんや肝臓がんの見落としにつながります。
もしご心配な場合は、ぜひ当院へご相談ください。
最低限の必要な検査を行った後、適切な病院へご紹介させていただきます。

Q.予防接種は出来ますか?

はい。
インフルエンザ、肺炎球菌、B型肝炎、破傷風、二種混合、四種混合、日本脳炎、水痘、風疹、麻疹、その他に対応させていただく予定です。
期間が限定されているもの、複数回の接種が必要なものなどがありますのでお問い合わせ下さい。
尚、注射薬を取り寄せるのに日数がかかる場合もございますので、ご予約をお願いする予定です。
電話:053-467-1150

Q.クレジットカードは使えますか?

はい。当クリニックは各種クレジットカードが使用できます。
基本的にはどのクレジットカードも使えますが、鉄道系ICカードは使用できませんのでご注意ください。